ホーム > 相続人について

相続人について

1.相続人って誰??

相続において誰が相続人になるのかは最も重要な主題です。
遺言書がない場合、相続人の対象となる人は民法で決められています。下記の1.2.の人がセットで相続人になります。
亡くなった方の配偶者(夫または妻)
常に相続人となることができます。但し、ここでいう配偶者とは戸籍上の配偶者に限られ、内縁関係の配偶者は相続人にはなれません。
内縁関係の配偶者に財産を譲りたい場合は、遺言書を作りその旨を書いておく必要があります。
亡くなった方の子・親・兄弟姉妹
配偶者とともに相続人になれるのは子・親・兄弟姉妹ですが、その中では次のように優先順位が決められています。
自分より優先順位の高い人がいる場合、優先順位の低い人は相続人にはなれません。
相続人
妻または夫(=配偶者)  常に法定相続人となります

第1順位:子(子→孫→ひ孫→やしゃごの順)
第2順位:親(親→祖父母の順)
第3順位:兄弟姉妹(兄弟姉妹→その子の順)

2.法定相続分

相続ケースと配分
  相続人の構成
配偶者
子ども
配偶者
父母
配偶者
兄弟姉妹
配偶者
のみ
子ども
のみ
父母
のみ
兄弟姉妹
のみ
法定
相続人
配偶者 1/2 2/3 3/4 全部      
子ども 1/2       全部    
父母   1/3       全部  
兄弟
姉妹
    1/4       全部

法定相続分の留意点
  • 非嫡出子の相続分は、嫡出子の1/2になります。
  • 実子と養子の相続分は同じです。
  • 相続人になるはずだった子が死亡していても、その死亡した子に子 (被相続人の孫)がいる場合は、その孫が子の相続権を引き継ぎ、第1順位になります。(「代襲相続人」といいます。)
  • 兄弟姉妹についても代襲相続の制度 が適用され、相続人になるはずだった兄弟姉妹が死亡しており、その兄弟姉妹の子(被相続人の甥、姪)がいる場合は、その甥、姪が相続人となります。
POINT
代襲相続という大切な制度
被相続人の死亡よりも先に、相続人となるべき人が①死亡②相続欠格③廃除されていた場合、相続人の子が法定相続人になります。
例えば、第一順位の子が先に死んでいたなら、孫が相続人になります。
  • 第二順位の親には代襲相続はありません。
  • 第三順位の兄弟姉妹が先に死んでいたなら、甥や姪が相続人になります。
代襲相続の代表例
代襲相続の代表例 本来、相続人となるべき子Aが、被相続人の死亡時点で既に死亡していた場合、孫Cが子Aが取得すべき相続権を子Aに代わって相続します。

従って、遺産分割協議などする場合は、配偶者、子B、孫Cの3名で行うことになります。

 
POINT
相続人の廃除
相続人廃除は相続欠格のように当然に資格がないというわけではなく、被相続人の意思で、推定相続人の持っている遺留分を含む相続権を剥奪するという制度です。
その場合は以下のような事実があった場合です。
・虐待をする
・重大な侮辱を加えた
・被相続人に対する行為ではなくても、犯罪のような著しい非行があった場合
アクセス


大きな地図で見る
map


■住所
〒113-0033
東京都文京区本郷2-27-2
東眞ビル4F

■最寄駅
・東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅から、徒歩2分
・都営大江戸線本郷三丁目駅から、徒歩3分

■電話番号
03-6657-3766

■FAX番号
03-3818-3766

■営業時間
平日午前9時から午後6時まで
土・日は、予約の依頼者のみ対応

お問い合わせ 詳しくはこちら